新着サイト:サーチエンジン

便利コムTOP
  • サーチエンジン
  • 新着サイト
  • サーチエンジンの新着サイト



    質問サイト芋づるサーチ
    主要Q&A質問サイトを横断検索することができる検索サーチで、検索適用サイト「教えてgoo(OKWave)」「yahoo!知恵袋」「人力検索はてな」「livedoorナレッジ」「発言小町」の5つのサイトの過去の質問回答履歴を一度の検索で確認することができる。
    サーチエンジン
    探しあう検索NAVER(ネイバー)
    ユーザーの「本当に知りたい」に応える検索サイト。
    従来のキーワードによる情報検索と、ユーザー参加型による人の経験や知識・嗜好性を活かした情報検索とを融合させ、より希望にマッチした結果を導き出せるのが特徴。特に人気があるのが「NAVERまとめ」。ユーザーが設定した任意のお題に対して、色々なユーザーが情報を持ち寄って「まとめページ」を作っていく。
    サーチエンジン
    bing(ビング)
    マイクロソフト運営のウェブ、画像、動画、ニュース、地図等の検索サービス。
    サーチエンジン
    Google
    世界最大の検索エンジン。
    検索精度には定評があり、多くの検索エンジンのサイトに利用されている。
    サーチエンジン
    Yahoo! JAPAN
    最大アクセス数を誇る誰もが知っている登録型サーチエンジン。
    アルゴリズムがよく変わり、それに連動して順位変動が激しい時がある。
    サーチエンジン
    goo
    検索、辞書、地図、乗り換え、ニュース、ショッピングなど生活に便利な機能が充実。
    NTTレゾナントが運営。
    サーチエンジン
    BIGLOBE
    Google提供のウェブ検索のほか、画像、動画、ブログ、ニュース、辞書、ショッピング、Q&Aなどを検索できる総合検索サービス。
    サーチエンジン
    フレッシュアイ(FreshEye)
    ロボット型検索エンジンはinktomiで、わずか1時間前に更新されたサイト情報も探し出すことができるとされる。
    サーチエンジン
    infoseek
    ロボット型サーチエンジンと特選サイトのディレクトリ。
    楽天が運営。おすすめのコンテンツは、infoseekキーワードランキング、レシピサーチなど。
    サーチエンジン
    エキサイト(Excite)
    ロボット型エンジンにYahoo Search Technology(YST)を使用。
    ディレクトリはクロスリスティングを使用。出会い系サービスの「エキサイトフレンズ」や女性向けサービス「Woman.excite」、ブロードバンド接続サービス「BB.Excite」などのサービスが特長的。

    サーチエンジン
    Yahoo!(英語)
    英語の定番ホームページ探しに。
    サーチエンジン
    OCN
    NTTコミュニケーションズが提供する会員数No.1のプロバイダー。
    光、ADSL、モバイルアクセス等の個人向け、法人向けのサービス案内、会員サポートなど。
    コンピュータインターネット
    サーチエンジン

    サーチエンジン ランキング(一週間)

    1. Yahoo! JAPAN

      80749アクセス

    2. Google

      53625アクセス

    3. infoseek

      19922アクセス

    4. エキサイト(Excite)

      18990アクセス

    5. goo

      17523アクセス




    ページトップに戻る